車が盗難された場合の廃車手続き

廃車費用を安くするために廃車手続きをする人が多い中で、とても悲しい理由から廃車手続きをする人もいます。それは車の盗難です。車の盗難が最近では増加しているようです。盗難された車は海外に輸出され、アジア地域を中心に売られているそうです。自分の車がアジアのどこかの国で走っているなんてこともひょっとしたらあるかもしれません。
車を盗難された場合は、盗難届けを警察に出すことになりますが、同時に廃車手続きもしておく必要があります。というのも、廃車手続きをしておかないと自動車税の納付義務が発生するからです。盗難されてしまった車の税金を取られるなんてムカつくでしょう。
車を盗んだ者たちのために、わざわざ手間をかけて廃車手続きをおこなうのは腹が立つかもしれませんが、これ以上余計な出費は避けたいところです。ちゃんと冷静になって廃車手続きをおこないましょう。この場合の廃車手続きは、車が見つかる可能性もあるので一時抹消登録でいいと思います。
廃車費用のほかに、自動車税がかからないようにするために自分自身で廃車手続きをしてみましょう。盗難されて、手数料を取られるのは理不尽な話です。まずは盗難されないように工夫することも大事です。車のセキュリティ対策はいろいろとありますので、調べてみるといいでしょう。また、車両盗難保険に加入しておくのもよいと思います。

トップ > 廃車手続き > 車が盗難された場合の廃車手続き