廃車手続きの種類

廃車費用は車の種類や、車の状態によりまちまちなのは理解されたと思いますが、廃車手続きにはどのようなものがあるかそれでは説明をしていきます。車の廃車手続きには2種類あって、この2種類とは車をスクラップ処理をしてしまうか、車をそれとも置いておくのかという2種類の選択のためにあります。
廃車手続きの方法として、スクラップ処理をしてしまうケースでは永久抹消登録、そして車を置いておくケースでは一時抹消登録となります。永久抹消登録は廃車処分をしてしまうことになります。一時抹消登録の場合は、また登録して自家用車として乗ることも可能です。
廃車費用-永久抹消登録
永久抹消登録は、例えば長い間乗った車で走行距離や、年式が古くなった車、または事故などのために運転不能になった車に適用されるものとなります。永久抹消登録では廃車処理をすることになるので、リサイクル法に基づいてリサイクル料金を支払わなくてはなりません。リサイクル料金預託証明書を廃車手続きの際に必要書類に添付する必要があります。
廃車費用-一時抹消登録
廃車をするまでもないが、車をしばらく使用しない場合は一時抹消登録をおこないます。再度車を利用したい場合は中古車新規登録をすることで使用できる状態になります。また一時抹消登録をしたことを証明する一時抹消登録証明書が必要になるので注意してください。

トップ > 廃車手続き > 廃車手続きの種類