2018年01月の記事一覧

廃車費用ついて

廃車費用って結構高いってよく聞きます。そして廃車の手続きも面倒だといいます。廃車手続きは一生に何度もやるものではないから、周りに詳しい人なんてあまりいないのが普通だろうと思います。廃車業者さんに頼めばいいのでしょうが、せっかくだから廃車費用も含めて廃車の手続きについて詳しく知りたくないですか?新車を購入する際には下取りに出せば済みますが、なるべくだったら愛着のある自分の車ですから自分で手続きをし…

廃車費用に含まれる項目

廃車費用は、廃車をする時にはもっとも気になることです。廃車費用にはリサイクル料金なども含めて、いろいろな条件が加味されています。どこまでを任せるのかで変わってくるため、廃車費用を明確にすることはできません。しかし一般的に廃車費用に入るであろう項目は分かります。廃車費用に含まれる項目としては・車の引き取り費用・車両の解体やスクラップにかかる費用・廃車手続き代行費用・リサイクル料金などがあります。こ…

廃車業者に車を持ち込む際の注意

廃車費用を安くするために、廃車業者に廃車する自家用車を持ち込む際に気をつけてほしいことがあります。これは実はよくあるケースなのですが、自家用車を廃車するのを先延ばしにしていたために、廃車業者に行く時には車検が切れてしまっていたということが起こります。この場合、公道を車検切れの車で運転したら、罰金刑になりますので注意して下さい。廃車費用を安くするためとはいえ、罰金をくらってしまっては意味がありませ…

廃車費用を安くするための備品の買取

廃車費用を安くするために、廃車する車に付属している備品を買取してもらうことも考えていくことが大切です。例えば現在の車にはほとんど付いているようなナビゲーションシステムやオーディオなどは廃車業者に買取してもらうことができるかもしれません。廃車する車で使用していたナビゲーションシステムやオーディオを、新しい車でも使用したい場合は、取り外しを自分でしない限り作業費が発生してしまいます。車に詳しい人であ…

廃車手続きの種類

廃車費用は車の種類や、車の状態によりまちまちなのは理解されたと思いますが、廃車手続きにはどのようなものがあるかそれでは説明をしていきます。車の廃車手続きには2種類あって、この2種類とは車をスクラップ処理をしてしまうか、車をそれとも置いておくのかという2種類の選択のためにあります。廃車手続きの方法として、スクラップ処理をしてしまうケースでは永久抹消登録、そして車を置いておくケースでは一時抹消登録とな…

廃車手続きに必要な書類

廃車費用を安くするために、自分で手続きをおこなうわけですが、廃車手続きには必要書類があります。この必要書類は、永久抹消登録と一時抹消登録の廃車手続きで異なります。きちんと覚えておいて間違いがないようにしましょう。廃車費用-永久抹消登録で必要な書類一式・車検証・抹消登録申請書:第3号様式の3のOCRシート・リサイクル料金預託証明書・自動車税納税証明書:紛失した際は再発行することができます。・自動車税自動車…

廃車費用を安くするには必要書類を陸運局へ

廃車費用を安くするために、自分で廃車手続きをおこなうとして、必要書類はどこへ持っていけばよいのでしょうか。廃車する時に中古車屋さんなどへ持っていったら、その分廃車料金を取られてしまいます。中古車屋さんも結局廃車業者へ持ち込むわけですから、自分で廃車手続きをやったほうが安くすみます。廃車費用を安くするためには、必要書類をまずは準備して、陸運局へ自分で書類を持っていきましょう。この陸運局は廃車したい…

車が盗難された場合の廃車手続き

廃車費用を安くするために廃車手続きをする人が多い中で、とても悲しい理由から廃車手続きをする人もいます。それは車の盗難です。車の盗難が最近では増加しているようです。盗難された車は海外に輸出され、アジア地域を中心に売られているそうです。自分の車がアジアのどこかの国で走っているなんてこともひょっとしたらあるかもしれません。車を盗難された場合は、盗難届けを警察に出すことになりますが、同時に廃車手続きもし…

廃車手続きと自動車税

廃車費用を安くするために手続きをするわけですが、すでに払い込んでいる自動車税が、廃車の時期によっては戻ってくることがあります。自動車税は所有している車に対して4月1日に課税される税金です。この自動車税に残存期間がある場合は、申請することによって返還されます。もし3月ごろに廃車を予定しているのであれば、自動車税は4月1日に課税される税金ですので、なるべく3月中に手続きをすませておいたほうがいいでしょう。…